SOL

PSO-419A

概要説明

仕向用途 外壁防汚
液形態 酸性。チタン含有量は結晶分散ゾル最大の9wt%。 希釈が必要
特 徴 親水性防汚機能、分解防汚機能ともに高い;粒子径が小さい為、硬い被膜になり光沢が出やすく、このため干渉膜も出やすい
利用法 ステンレスコートには、200℃程度の加熱がお勧め。常温乾燥でも機能性は高いが、膜硬度など耐久性を求める場合は、500℃程度の加熱が良い
塗工コスト @160~200円/㎡ (3倍希釈時)
注意点
  • アルコール含有率が高いため揮発乾燥は速いが、粒子が凝集する傾向あり;スプレーコートや外壁コートなどでは、問題無いが、ガラスや鏡面仕上げステンレスなどのディップコート)には要注意
  • 高温焼成により膜硬度が高くなるが、それだけ密になりやすく比表面積が下がり、悪臭分解機能より、防汚機能の方が性能低下しやすい
  • 低温焼成時に、焼成時間不足することにより有機分が残存し、薄く茶色になることあり。この場合、軽く水洗いして、紫外線・太陽光をあてることで解決できる

 

物性

 製品名  溶媒 pH 粘度(CP) Ti含有量 推奨加熱条件 平均粒径 推奨塗布法
 PSO-419A アルコール・水 1.0~2.5 5.0~29.8 8.6~9.2 室温~600℃ 5~7 nm スプレー (要希釈)

 

特徴

  • 乾燥状態での密着が得られ、紙、木、樹脂など、温度をかけることの出来ないものに対してだけでなく、セラミック等の高温焼成可能なものに高性能の脱臭・浄水・抗菌機能を付加できます。
  • 照明器具カバー、タイル目地などの上塗り剤としてご使用いただけます。

 

製品説明

  • PSO-419A は水ベースの酸性ゾルで、希釈して用います(原液での使用は不可)。
  • 希釈はエタノールベースの工業用アルコールか、純水とアルコールを 1:1 で混合した溶媒を用います。(希釈後は出来る限り早く御使用下さい)。
  • アルコールを含まない濃縮液タイプですので、省スペース保管ができ、輸出に向いています。
  • 用途によって希釈倍率を調整して御使用頂く製品の為、装置内や外壁、内装、ガラスなど幅広く御使用頂ける製品です。

使用上のご注意

  • ※夏場など気温が高い(基材の温度が高い)場合や粘度低減をご希望の場合は、純水とアルコールを1:1 で混合した溶媒にて PSO-419A の希釈をする事が可能です。
  • ※PSO-419A に水だけを混ぜると塗布時に弾きが起こりますのでご遠慮下さい。
  • ※混合はその日の内に御使用する量で、希釈後の液はできる限り早い使用をおすすめします。
  • ※混合比率、方法はご購入時に書面をもってご説明致します。
  • ※試験片や目立たない場所で必ずお試し頂き、必要に応じて微調整をして下さい。
  • ※MSDS(製品安全データシート)、製品仕様書などをご覧頂き安全に御使用下さい。
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook
Share on LinkedIn