SOL

AT-03

概要説明

仕向用途 焼付け用。加熱により密着性が出る工場生産向き;タイルなどで実績多数
液形態 TiO2アナターゼ型とアモルファス(非結晶)の混合タイプで中性、淡黄色
特 徴 100℃~300℃程度の低温でも機能性は発揮するが、耐久性をあげる為500℃~600℃程度の加熱処理がお勧め。光触媒機能性の低いルチル型への転移防止の為700℃以下での焼成が必要
塗工コスト @150~200円/㎡
注意点 低温焼成では、短黄色が残る事がある

物性

 製品名  溶媒 pH 粘度(CP) Ti含有量 推奨加熱条件 平均粒径 推奨塗布法
 AT-03 5.5~7.7 1.4~2.8 2.8~3.2 室温~600℃ 40~95nm スプレー

特徴

◎AT-03は、加熱することでアモルファスアナタ-ゼへと結晶化し、これにより密着度が増すタイプです。

※できるだけ高温で加熱してください。

◎プラスチックなど、有機素材へ塗布する場合は下地に無機プライマーをご利用ください。

タイルへの適用

防汚外装タイルは施釉・無釉を問わず、完成品に二度焼成により光触媒加工する方法が最も密着強度、耐久性に効果があります。

AT-03を希釈調整した加工剤をスプレー塗布し、その後ラインスピードに合わせた昇温により、光触媒を高速でタイル表面に焼き付けます。

国内外のタイルメーカにご愛顧頂いているタイル用焼成ゾルはAT-03です。

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook
Share on LinkedIn