TECHNOLOGY

光触媒技術

はじめに

地球規模で、あるいは身近な家庭生活で進む環境汚染は無視できない社会問題です。

たとえば

・  産業廃棄物や生活廃棄物による水源の水質汚濁

・  SOx,NOxなどの大気汚染による呼吸器疾患

・  新建材から発生する有機化合物による室内空気の汚染

・  樹脂材料の焼却によるダイオキシンの発生

などなど、例を挙げればきりがありません。

ところがこの環境を浄化するためにエネルギーを用いればCO2の増大を招き、地球温暖化に拍車をかけるため環境対策にエネルギーを使用できないというジレンマに陥ります。

こうした状況下では、すでに環境の一部である自然のエネルギーや、家庭生活で日常的に供されている安価なエネルギーを用いて、汚染された環境を穏やかに、自然のあるべき姿に調和させる浄化材料が求められていると私共は考えます。

その回答のひとつとして、私共は光触媒を提案しています。

光触媒とは

光触媒は太陽や蛍光灯などの光が当たると、その表面で強力な酸化力が生まれ、接触してくる有機化合物や細菌などの有害物質を除去することができます。

この原理を用いて、水処理や大気中のNOxの分解、室内空気の清浄化など、様々な段階での環境浄化に利用する事ができるのです。

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook
Share on LinkedIn